京都矯正歯科審美歯科インプラントHOME > 手術が怖い人へ(静脈内鎮静法)

手術に不安をお持ちの方へ

インプラントは手術を伴うもの。手術に対し不安や恐怖を感じる方は、多いのではないでしょうか。
局所麻酔をすることにより手術中の痛みはありません。しかし、手術中の音などに緊張や強いやストレスを感じられる患者様も大変多くいらっしゃいます。

そこで、当医院では、患者様が不安やストレスなく快適にインプラント手術を受けて頂けるように、全身麻酔よりも体への負担が少ない『静脈内鎮静法』を用いた全身管理を行っています。


『静脈内鎮静法』とは?

静脈内鎮静法は、腕に点滴をしながら鎮静剤を投与し、治療に対する不安感や恐怖心を和らげるものです。
眠っているのとほぼ同じ状態で手術を受けることができます。うとうとした状態になりますので、術中の記憶はあまり残りません。ただし、痛みをとる作用はありませんので、治療は局所麻酔を併用します。

メリットとしては、健忘効果が期待できるので、治療中の不快な経験が残らなくてすむことが多く、実際より処置時間が短く感じられます。術中のことを、全く覚えて無い人もいます。

『静脈内鎮静法』の流れ

1) モニター(血圧計、心電計、パルスオキシメーター)を装着します。
2) 点滴をして、麻酔薬(ミダゾラム、プロポフォール)を投与します。
3) 患者様が眠くなられた時点から治療を開始し、歯科麻酔医が状態を常に監視します。
4) 治療終了後、ふらつきや眠気がなくなるまで休んでいただきます。

治療に対して、恐怖心をお持ちの患者様に静脈内鎮静法を行っております。
静脈内鎮静法を行うことにより、患者様にとって安心で快適な治療を実現することが出来ます。
また、麻酔医による全身管理の元、治療を行うことは、歯科医師にとっても治療に集中できるメリットがあります。

麻酔医との連携の重要性

以前は局所麻酔のみでインプラント手術が行われておりました。しかし、痛みだけではなく手術の際の音などに強いストレスを感じられる患者様が多くいらっしゃったり、手術内容によっては局所麻酔だけでは対応できず、手術精度が低くなったり治療計画そのものを見直さなければならないケースが多々ありました。

そこで最近では患者様の全身管理と痛みのコントロールを麻酔医に任せるようになって来ました。それにより、患者様にとっては『静脈内鎮静法』などの麻酔法の下でリラックスして手術を受けられるようになり、歯科医にとっても手術のみに専念できる為、高い治療精度を維持でき、より安心・安全なインプラント手術が行えるようになってきたのです。


京都矯正歯科審美歯科HOME > 手術が怖い人へ(静脈内鎮静法)