京都矯正歯科審美歯科インプラントHOME > 自立支援医療について

指定自立支援医療(育成・更生医療)機関・顎口腔機能診断準拠施設

キョート矯正・審美歯科は、指定自立支援医療(育生・更生医療)機関ならびに顎口腔機能診断準拠施設です。これにより、唇顎口蓋裂や顎変形症の矯正治療を健康保険適用内でお受け頂くことが可能です。

指定自立支援医療機関とは

育成・更生医療の給付が受けられる医療機関です。歯科矯正に関する医療においては、下記の施設基準を満たす必要があります。

施設基準

1.保険医療機関であること。
2.厚生労働大臣が定める施設基準に適合していること。
 ・当該治療を行うにつき十分な専用施設を有していること。
 ・それぞれの医療の種類における専門科目について、適切な医療機関における研究従事年数が
  (歯科では)5年以上であること。
 ・これまでの研究態様と口蓋裂の歯科矯正の臨床内容とに関連が認められること。
 ・歯科矯正を標榜していること。
 ・関係学会(日本矯正歯科学会および日本口蓋裂学会)に加入していること。

内 容

1.18歳未満の児童に適用されます。
2.口唇口蓋裂の手術を行ったと規模医療費の健康保険の対象分と歯科矯正医療に対して
  適用されます。
3.健康保険の自己負担分が補助されます。
4.自治体から指定される徴収金(自己負担金)は患者の家庭の所得状況により異なります。
5.育生医療は指定医療機関のみ受けられます。
6.手術を前提とした検査及び手術後の検査についても給付の対象となります。

対象症例

・唇顎口蓋裂 ・Goldenhar症候群(鰓弓異常症を含む) ・鎖骨・頭蓋異形成症 ・Crouzon症候群
・Pierre Robin症候群 ・Down症候群 ・Russell-Silver症候群 ・Beckwith-Wedemann症候群 ・Treacher-Collins症候群 ・Turner症候群 ・尖頭合指症 

顎口腔機能診断準拠施設とは

 厚生大臣が定める施設基準に適合していると都道府県知事が認める保険医療機関において顎変形症の手術前後に行う矯正治療を保険治療で行える施設です。

施設基準

1.保険医療機関であること。
2.厚生労働大臣が定める施設基準に適合していること。
 ・指定自立支援医療機関であること。
 ・当該治療を行うにつき十分な専用施設を有していること。
 ・当該療養につき口腔に関する医療を担当する診療科、または別の保健医療機関との連携体制が整備されていること。

対象症例

顎変形症(治験例)

開咬を伴う下顎前突
オトガイ(下顎)の左方偏位を伴う下顎前突

共通事項

治療費について

術前後の矯正治療、手術ともに保険適用となります。
※健康保険の自己負担が3割の場合、矯正の自己負担額は概算で約30万円です。
 通院時の調節料、経過観察料も保険の対象になります。また、入院・手術費の自己負担額は
 概算で約25万円です。

治療までの流れ  外科矯正について詳しくはこちら


担当医

大人の矯正治歯科療例 ■担当医からのご挨拶■
矯正歯科を担当しております。受診者の皆さまが安心して治療をお受け頂けるよう、コミュニケーションを重視しております。
些細なことでも結構ですのでお気軽にご相談下さい。
■略 歴■
 鹿児島大学歯学部卒業
 鹿児島大学歯学部歯科矯正学講座 助手
 医療法人社団孔雀会 理事長
 ・日本矯正歯科学会 認定医
 ・日本成人矯正歯科学会 認定医
 ・日本口蓋裂学会 会員
 ・近畿東海矯正歯科学会 会員
 ・九州矯正歯科学会 会員

提携医院

京都大学医学部附属病院
独立行政法人国立病院機構京都医療センター歯科口腔外科
医療法人医仁会武田総合病院歯科口腔外科など

全体の治療期間

術前矯正:半年〜1年
術後矯正:1年〜1年半
入院期間:2〜4週間
※症例により期間の長短があります.

京都矯正歯科審美歯科HOME > 矯正治療治療例